日産デュアリスとPerfume

永遠の友Perfume号

 

duarisu

 

世の中には星の数ほどの趣味があると言うが、僕の趣味は「音楽」「写真」「車」の3つだ。趣味の“3本の矢”とでも言うべきだろうか。ごくありふれた3つの趣味だが、それぞれがそれぞれに上手く連携し合っている。

例えばPerfumeのライブがあればPerfume号(マイカー)でひとっ走り。YUKIのライブがあればこれまたPerfume号でひとっ走り。実に軽快な奴なのだ。あるときは軽快すぎて東北の宮城までPerfume号で行ったほどだ。

そして写真も遠征の記録として、あるいはブログネタとして大いに役立っている。写真があるのとないのとでは、印象もだいぶ違ってくる。そしてなんと言っても自分のための記録として、重要な役割を担っているのだ。ついでに言えばこのブログも趣味のひとつだろう。

こうして趣味の“3本の矢”はライブを中心に上手く絡み合って、総合的なエンターテインメント性を内包している。これは実に有意義なことでもある。ライブに車で行けば必然的に音楽、車、そして写真と、3つ同時に楽しめる事ができるからだ。

音楽、特にライブについて語っているが、他の二つの趣味について今まで深く語ったことが無い、と言うより語る機会がなかったと言ったほうが正しいかもしれない。

僕はブログのポリシーとして、ブログタイトルとかけ離れた記事はあまり書きたくない。たまに雑多なブログを見かけるが、あれは良くないと思う。専門性が無いブログは、もはやブログではない。ただのダイアリー(日記)でしかないのだ。

そんな理由から僕はPerfumeファンとして、YUKIファンとしての専門性を重視しているが故に他の趣味についてこれまで書いて来なかった。

だが、これからはライブの話と絡めて書いていこうと思う。

「Perfume LOCKS!」大人は聴かなくてもいい

「Perfume LOCKS!」は基本的に中高生向き

 

rock2011

 

「Perfume LOCKS!」は中高生のリスナーが対象なので、大人が聴く必要はないと思っています。もっと踏み込んだ言い方をすると、大人が聴いてるのは恥ずかしいことだと認識しております。

それでも聴きたいというのなら一向に差し支えありませんが、いい年したおっさんが無理して聴いてる風な感じを感じ取ったときの虚しさといったらありませんよね。「Perfumeファンなんだから聴かないと!」という一種の強迫観念にも似たこの種の現象は、どうにかならんのかなって思ったりもします。

以前やっていたツイッターのタイムラインもLOCKSが始まる頃になると、おっちゃんらしき人も「LOCKS待機!」というツイートがよく見受けられました。もう、うんざりして、「そこまでしてPerfumeの隅から隅まで知らなきゃいけないことってあるのかなぁー」って、正直疑問に感じましたね。

逆に言うと、中高生諸君は是非聴いてもらいたいです。10代って色んな事で悩んだりして、結構大変だったりするので、この「Perfume LOCKS!」を聴いて頑張って欲しいですね。そして時間があったらライブにも来て欲しいです。最後に僕は声を大にして言いたい!

「Perfume LOCKS!」大人は聴かなくてもいい

「ポリリズム」はPerfumeにとって大事な礎

チョコレイト・ディスコとポリリズムは名曲

 

画像

 

どうもどうも「あきにゃん」と申します。ゆるキャラの元祖「ひこにゃん」をオマージュしてこのハンドルネームにしました。今日も僕の思ったことや感じたことを書いていきたいと思います。もはやアンダーグラウンド的なブログになりそうです。

「チョコレイトディスコをやってて飽きないのか?」っていうコメントをどっかで見たことがあるんです。その時の僕の率直な感想というか想いはこうでした。「アホかコイツ・・」「え!?なんなん!」「何様なん!」率直過ぎましたね。はい、反省!・・・しません。

ま、多分僕が思うにこの手の人は、音楽を音だけで聴いているんだと思います。きっぱり言います。チョコレイトディスコは名曲ですよ。ビートルズに「Let It Be」があるように、クイーンに「ウイ・ウィル・ロック・ユー」があるように、Perfumeには「チョコレイトディスコ」や「ポリリズム」があるのです。

音楽を文化として、あるいは芸術として聴いた場合、「飽き」というのは聴く側に問題があるのです。聴く人の趣向性の変化が、そう思わせているのです。それを演者側に問題の原因があるかのような発言は到底容認し難いです。

またある人はこんなことを言ってました。「もうポリリズムから卒業して欲しい」。その時の僕の率直な想いはこうでした。「え!?今なにゆうたん!」「そ、そつぎょうって・・」「AKBちゃうねん!」。僕からしたら、もうこんな人はPerfumeファン失格でしょう。なんも分かってない証拠です。

新規さんが増えるのは嬉しい限りですが、こんなファンは増えて欲しくないです。

これからのブログは「WordPress.com」

大海に放り出された気分

 

横浜ブリッツ

 

なんか自分の中で鬱積してたものが一気にはじける感じです。あゝ自由に物が書けるなんて素晴らしい。新しくブログを立ち上げて2日目。今日はブログのプラットフォームについて僕なりの感想を書きたいと思います。

僕がブログを書き始めたのは2010年の4月からです。最初のプラットフォームは「はてなダイアリー」でした。でも約一年使って自分の趣旨に合わない事に気付き退会しました。どちらかと言うと学術的?学問の分野に特化したプラットフォームだったのです。

でもまだ、こちらは閉鎖はしておりませんので今でも閲覧できる状態です。

で、次に移ったプラットフォームが「FC2」です。最初はアダルトもやってる「FC2」なので、多少の抵抗感もありましたが、多機能ブログが魅力だったので迷わず「FC2」に決めました。

「FC2」に移る前は色んなプラットフォームを調べて検討しました。中でも「アメブロ」は絶対避けたいプラットフォームでした。多くのタレントを擁する「アメブロ」ですが、アクセス解析の信ぴょう性やミーハーな感じが許せませんでした。そしてなにより、ブログを書いてる人に魅力を感じませんでした。なんか当たり障りのないブログがほとんどで、没個性化を目指しているかのような雰囲気がどうしても受け入れがたいものがありました。

そして、やっとたどり着いたのがこの「WordPress.com」のブログです。一年前から「WordPress」のデザインが気に入ってて、いつかはWordPressでブログをやりたいと思っておりました。でも独自にWordPressで立ち上げるにはそれなりの知識が必要でした。

この「WordPress.com」は他のブログと同じ感覚で立ち上げる事ができるので“セカンドブログ”として活用することに決めました。非常に使い勝手が良さそうです。まだ分からないところが沢山ありますが、使いこなしていこうと思います。

アメブロのようなチャラチャラした感じがなく、非常に気に入っております。また、変なコミュニティーもなく身軽なのもいいです。自立心が必要なプラットフォームですが、でもそれがいいんです。気軽に書きたいことをズラズラと書いていこうと思います。

では、最後に僕の好きな一句でお別れしたいと思います。

「ぶどう館 アリーナに染入る ゆきの声」

僕の音楽スタイル

ライブ道は音にこだわる

 

070

 

やっと本格的な秋が訪れて来ましたね。続けて投稿します。今年は昨年に比べてライブに行く機会がすっかり減ってしまいました。月に一度行けば良い方です。先月、運良く参加できた「Perfume Live at NHK」は数少ないライブ参戦の中で最高ランクに位置するライブでした。

オンエアーでは音響が今ひとつな感じでしたが、実際生で聴いたPerfumeサウンドはライブハウスと遜色なく迫力のある音響でした。

そう感じたのには確かな理由があります。Perfumeサウンドを知り尽くした人物がいたからです。そう爆音姐さんこと「佐々さん」がPA卓にいたのです。Perfumeサウンドを語る上でこの爆音姐さんである「佐々さん」は外せません。

僕はライブ収録が終わった去り際に彼女を見付けました。「どうりで今までと変わらないクオリティが聴けた訳だ!」と妙に納得しました。

Perfumeの音楽を聴く上で“音”は重要です。iPodやiPhoneで圧縮されたトラックを聴いて、音が良いとか悪いと言ってるのを聞くと、「本当にこの人は音について知っているのかな」と思います。音楽を聴く場合特にPerfumeの場合はちゃんとしたオーディオCDプレーヤーで聴いた方がベストです。スピーカーもそれなりのモノをチョイスして聴いた方がよりPerfumeサウンドを楽しむことができます。

高価なイヤホンで聴いてもそれは演出された音です。それが良いと言うのであれば別に問題はありませんが、僕はなるべく本来の音に近い状態で聴いた方が価値があると思っています。

音響にこだわってオーディオシステムを考えてたら、やっぱりPerfumeのサウンドって凄いんだなって、改めて実感すると同時に、好きなだけカスタマイズできるのもPerfumeサウンドの魅力なんだと最近になって気付きました。

それと、ライブではもっと音にこだわって聴き込んでいくのが「僕のスタイル」なのではないかと、最近思うようになりました。とにかくライブの音にこだわる。これが僕の唯一残された道なのではないだろうかと思うようになったのです。まさにライブ道なのです。

もうあと10歳20歳若ければ、いわゆる“パフュクラスター”って言うのでしょうか、そんな称号を授かって、友達とワイワイガヤガヤ言いながら「今日もあ~ちゃん可愛かったねー」とか「ゆかちゃんの脚ガン見しちゃったよぉ~」とか「今日ものっち男前だったねー」て言ったりして、楽しんだりしてもいいけど、40過ぎのいいおっさんが群れて“ぱふゅくらすたー”はさすがにヘンでしょ。

まあ、楽しみ方は人それぞれだと思いますが、僕はライブには全神経を集中させていくことに専念します。

新しいブログ「ライブの細道」をはじめました

今日は僕の誕生日

 

yuki tour megaphonic

 

コブラ第12巻「神の瞳の巻」より

ゆう子「ひどい人 今日は特別の日なのよ」

コブラ「特別の日・・・・・・・・!?」

ゆう子「誕生日よ!」

コブラ「誕生日・・・!?誰のだ?」

ゆう子「フフフ・・・・・・なんて人なの 自分の生まれた日を忘れるなんて」

コブラ「オレのか!そうかすっかり忘れていたよ なんせ 生まれたのはもう ずいぶん昔のことなんでね」

 

台風26号が襲ってきた今日僕は45歳を迎えました。今夜は台風一過で静かな夜です。「おめでとう自分!」僕が生まれたのは今から45年前、ずいぶん昔です。生まれた場所は愛知県小牧市。僕を産んでくれた母親は今年で75歳になります。父親は昨年亡くなりました。

自分の誕生日を迎えると、なぜかコブラのこのセリフ「すっかり忘れていたよ なんせ 生まれたのはもう ずいぶん昔のことなんでね」を思い出します。

もうこの年になると、年齢もへったくれもないように感じます。如何に老けないでいるか、あるいはいられるかが、大きなテーマになってきます。

そいう意味で音楽は僕にとって、年齢を忘れさせてくれる唯一の趣味なのかもしれません。そしてライブは人生を謳歌するには最高のイベントです。

ブログタイトルも、全国津々浦々旅をした記憶を残す意味でこのタイトルにしました。一期一会を大事に、これからも最高のライブを求めて旅をしていきたいと思います。