僕の音楽スタイル

ライブ道は音にこだわる

 

070

 

やっと本格的な秋が訪れて来ましたね。続けて投稿します。今年は昨年に比べてライブに行く機会がすっかり減ってしまいました。月に一度行けば良い方です。先月、運良く参加できた「Perfume Live at NHK」は数少ないライブ参戦の中で最高ランクに位置するライブでした。

オンエアーでは音響が今ひとつな感じでしたが、実際生で聴いたPerfumeサウンドはライブハウスと遜色なく迫力のある音響でした。

そう感じたのには確かな理由があります。Perfumeサウンドを知り尽くした人物がいたからです。そう爆音姐さんこと「佐々さん」がPA卓にいたのです。Perfumeサウンドを語る上でこの爆音姐さんである「佐々さん」は外せません。

僕はライブ収録が終わった去り際に彼女を見付けました。「どうりで今までと変わらないクオリティが聴けた訳だ!」と妙に納得しました。

Perfumeの音楽を聴く上で“音”は重要です。iPodやiPhoneで圧縮されたトラックを聴いて、音が良いとか悪いと言ってるのを聞くと、「本当にこの人は音について知っているのかな」と思います。音楽を聴く場合特にPerfumeの場合はちゃんとしたオーディオCDプレーヤーで聴いた方がベストです。スピーカーもそれなりのモノをチョイスして聴いた方がよりPerfumeサウンドを楽しむことができます。

高価なイヤホンで聴いてもそれは演出された音です。それが良いと言うのであれば別に問題はありませんが、僕はなるべく本来の音に近い状態で聴いた方が価値があると思っています。

音響にこだわってオーディオシステムを考えてたら、やっぱりPerfumeのサウンドって凄いんだなって、改めて実感すると同時に、好きなだけカスタマイズできるのもPerfumeサウンドの魅力なんだと最近になって気付きました。

それと、ライブではもっと音にこだわって聴き込んでいくのが「僕のスタイル」なのではないかと、最近思うようになりました。とにかくライブの音にこだわる。これが僕の唯一残された道なのではないだろうかと思うようになったのです。まさにライブ道なのです。

もうあと10歳20歳若ければ、いわゆる“パフュクラスター”って言うのでしょうか、そんな称号を授かって、友達とワイワイガヤガヤ言いながら「今日もあ~ちゃん可愛かったねー」とか「ゆかちゃんの脚ガン見しちゃったよぉ~」とか「今日ものっち男前だったねー」て言ったりして、楽しんだりしてもいいけど、40過ぎのいいおっさんが群れて“ぱふゅくらすたー”はさすがにヘンでしょ。

まあ、楽しみ方は人それぞれだと思いますが、僕はライブには全神経を集中させていくことに専念します。

広告

ザッとコメントするけぇ~

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中