YUKI COMMUNE MAGIC ISSUE

SHUNTARO TANIKAWA & YUKI

 

yuki_mmm_2013

 

「エロ可愛い」はYUKIとって褒め言葉だ。42歳にして今でも輝き続けるYUKI。YUKIが放つ世界観は「JUDY AND MARY」時代から変わらない普遍的な価値観と音楽に対する情熱で彩られているのだろう。また、40歳を過ぎた今でも「妖精のような可愛さ」と「エロ可愛さ」を併せ持った女性でいられるのは、彼女が持つ独特な人柄が影響しているに違いない。

そんな彼女と世界的な詩人「谷川俊太郎」氏との対談はどこかミスマッチのようにも思えたのだが、読み終えてみると二人には意外にも共通してる点があったことに気づかされた。

なかでも印象的だったのは女性が書く詩と、男性が書く詩についてのやり取りだった。YUKIが言うには「男性が書いた詩の方が好きだけど、女性が書く詩には自分も含め嫌悪感さえある」という。女性が書いた詩を女性が聞くと共感するのではなく否定するという話は、YUKI自身が詩の創り手であるが故にそう思うのかも知れない。

だが、谷川俊太郎氏が言うには「男性の中の女性性と、女性の中の男性性が一つのユニットになっていて互いに補い合っている。男と女でワンセット」これはまさに言い得て妙で「あゝなるほど」と思ってしまった。つまり「自分が自分が」「私が私が」というような自己主張を全面に強く出してしまう女性特有の「私」が中心に来る歌詞は、同じ女性には受け入れられないという現象が生じ、逆に男性が作った詩は「君がいて僕がいる」という傾向にあり、それは女性からも共感を得やすいのだと言う。

また、YUKIが大先輩といって慕っている矢野顕子さんも同じ感覚を持っていて「女性の歌詞はカバーしづらい」ということだった。結局この話のやり取りは、女性はリアリティ(現実性)を重んじ、男性は秩序(安心)を重んじるということで落ち着いた。

そう考えるとPerfumeの楽曲を作ってる人は男性で、それを女性3人が歌う。これは谷川俊太郎氏の言う「男性の中の女性性と女性の中の男性性」であり、お互い補い合いうまい具合に成り立っているのだ。だからこそ多くの女性からも支持を受けているのだろう。

 

広告

BABYMETAL WORLD TOUR 2014

BABYMETALとLADY GAGAの融合

 

babymetal_2012

 

まだBABYMETALをよく知らないという人のために簡単なおさらいをすると、リードヴォーカルの「中元すず香」はPerfumeと同じアクターズスクール広島出身。三姉妹の末っ子で1歳年上の姉は乃木坂46の中元日芽香。そして「可憐Girl’s」の元メンバーだ。3人はアミューズの成長期限定ユニット!!「さくら学院」重音部に所属し、プロデューサー「KOBAMETAL」の発案により2010年に結成される。

 

BABYMETAL
SU-METAL(Vocal,Dance)中元 すず香
YUIMETAL(Scream,Dance)水野 由結
MOAMETAL(Scream,Dance)菊地 最愛

 

プロデューサーのKOBAMETAL曰く、ベビーメタルというユニット名はヘヴィメタルの響きから来てるという。またベビーという新しいものが生まれると期待して付けたそうだ。

アイドルとメタルの融合をテーマにナンバーワンではなくオンリーワンを追求し、世界征服を目指すというのが彼女たちの大きな目標だ。こんなメタルは世界広しと言えども日本独自のもので、発想自体海外ではまずあり得ない。だが、BABYMETALのマーケットはどちらかと言うと日本より、世界を相手にしているように見える。動画サイトYoutubeのコメント欄を見ても、ほとんどが海外からの投稿であるというのがそれを物語っている。

極めつけは先日発表があったレディー・ガガからの熱烈なオファーだ。彼女は今、世界ツアー真っ最中なのだが、アメリカツアーではオープニングアクトとして出演して欲しいと、ガガの方から声があったそうだ。きっと彼女もBABYMETALの噂を耳にし、自身のライブに帯同させたいと思ったにちがいない。だが、ショービジネスの厳しいアメリカでの公演は双方にとってメリットがあるように思う。

レディー・ガガと言えども、お客を呼べないアーティストは呼べないからだ。集客面で十分採算が取れるか、あるいは日本からのファンも取り込みたいという戦略があるのかもしれない。いずれにしても、あのレディー・ガガの前座を任されたのだから、世界征服に一歩近付いたのではないだろうか。

Youtubeのコメント欄に書いてあったのだが、レディー・ガガのライブでありながらBABYMETAL見たさに来るお客も居るだろう。もしかしたら、ガガの公演が始まって帰ってしまうお客が出てくるのではと心配する声もあったが、さすがにそんな皮肉な話にはならないとちょっとだけ思った。

 

 

☆ ☆ ☆

 

BABYMETAL WORLD TOUR 2014
■07/01 La Cigale Paris, France
■07/03 Live Music Hall Cologne, Germany
■07/05 Sonisphere Festival Knebworth, United Kingdom
ACT METALLICA,IRON MAIDEN,THE PRODIGY,SLAYER,DREAM THEATER,and more…
■07/07 The Forum London, United Kingdom
■08/09 HEAVY MONTREAL PARC JEAN DRAPEAU Montreal,Canada
ACT METALLICA,SLAYER,and more…
■08/16 SUMMER SONIC Tokyo, Japan
■08/17 SUMMER SONIC Osaka, Japan
■09/14 幕張メッセ イベントホール

 

BABYMETAL extra support act for
LADY GAGA’S artRAVE : the ARTPOP ball
7/30 Phoenix, AZ  US Airways Arena
8/01 Las Vegas, NV  MGM Grand Garden Arena
8/02 Stateline, NV  Harveys Lake Tahoe
8/04 Salt Lake City, UT  Energy Solutions Arena
8/06 Denver, CO  Pepsi Center

 

LADY GAGAオフィシャルサイト
http://www.ladygaga.com/artrave-the-artpop-ball

 

Perfume WORLD TOUR 3rd

大和魂魅せてくるけん!

 

Cling Cling

 

「日本のカッコイイ音楽を、世界へ届けに行ってきます。大和魂魅せてくるけん!みんな応援してね。」日本人アーティストがアメリカで公演をするなんて今では珍しくもない。そんな気持ちにさせてくれる彼女たちの強気のコメントは、3度目にしてようやく念願のアメリカでのワンマンライブが現実化したことへの自信の現れでもあるのだろう。

2012年のアジア4カ国を皮切りに翌年の2013年にはヨーロッパ3カ国を回った。今年はアジア、ヨーロッパ、そしてアメリカと計4カ国を回る正真正銘の世界ツアーだ。

これに先立ち8月からは国内7都市14公演のアリーナツアーも敢行する。毎年恒例のロックフェスやイベントはほぼキャンセルした状態。ワンマンライブに行かないとPerfumeには会えない。そんな今年後半の活動となっている。

とりわけ今回の世界ツアーの目玉はアメリカ、ニューヨークの「HAMMERSTEIN BALLROOM」での公演だろう。これまでPerfumeの訪米を熱望してきたファンがどれだけ居るのか不明だが、未だ見たことのない“生Perfume”に熱狂するアメリカのファンが確実に居ることは間違いなさそうだ。

WORLD TOUR 2nd ロンドン公演を収めたBlu-ray&DVDが今秋リリースされることが決まった。こちらも見逃せない。

 

☆ ☆ ☆

 

10/31 (金) 台湾 @Taipei International Convention Center
11/02 (日) シンガポール @Resorts WorldTM Theatre, Resorts World Sentosa
11/09 (日) ロサンゼルス(アメリカ) @HOLLYWOOD PALLADIUM
11/12 (水) ロンドン(イギリス) @EVENTIM APOLLO HAMMERSMITH
11/15 (土) ニューヨーク(アメリカ) @HAMMERSTEIN BALLROOM

 

「Perfume WORLD TOUR 3rd」特設サイト
http://www.perfume-web.jp/cam/WORLD/

 

YUKI New Single 「誰でもロンリー」

『FLY』をリードするギリギリのダンスチューンに注目!

 

YUKI 誰でもロンリー

 

今年の夏YUKIサウンドが新たに届けられる事になった。前作「STARMANN」から丸一年。そしてソロデビュー作「the end of shite」から数えて27作品目になる今回の最新シングル「誰でもロンリー」ポップでキャッチーな楽曲に仕上がった感がする。

アルバム直前にシングルカットを出す事はよくあるが、今作のニューシングルは「四つ打ちのダンスチューン」というフレコミが気になるところ。

宣材のアーティスト写真を見ても、今までのYUKI路線とは一味も二味も違った風味が感じられる。イマドキのポップな可愛さと女子力に磨きをかけたYUKIに注目だ。

この“ダンスチューン”という括りは今を代表する潮流のひとつではあるが、実際にYUKI自身がダンスを披露するかは不透明だ。PV作品でYUKIのダンスが見れることを期待したいと思う。

いずれにしても今年の夏から秋そして来年の冬へと活動ペースが上がり、荒馬の如く疾走するYUKIが見られることは間違いないだろう。

☆  ☆  ☆

 

『誰でもロンリー(完全生産限定盤)1,620円税込』
『誰でもロンリー(通常盤)1,080円税込』