Perfume New Single 「Cling Cling」

コントロール抜群のピッチャーだね

 

tumblr_n8mrpx7qu41r48cvko1_r1_1280

 

チェンジアップもあればスライダーもある。かと思えば豪速球なストレートもある。四隅のコーナーにしっかり投げ分ける技巧派ピッチャーのように、Perfumeの器用さが際立った印象を受ける今回のニューシングル「Cling Cling」。だが狙い目のど真ん中には決して投げてこない。そんな駆け引きさえも感じさせる内容だが、4本全てがストライクゾーンで結果オーライなシングルでもある。

2005年9月にメジャーデビュー作となった「リニアモーターガール」をリリースしてから数えて20作品目にあたる今作の「Cling Cling」。タイアップ付きの2曲とPanasonicとの共同制作で4Kミュージックビデオが話題となった「DISPLAY」。話題性には事欠かない今のPerfumeを象徴するかのような盛りだくさんな一枚となっている。

アルバム「JPN」からややテクノ感が後退し、最近ではより女性らしく、より“生のボーカル”を強調しているようにも感じられる。これはPerfumeが表現者という芸術的な側面で見た場合。歌とダンスは美を追求する上で必要不可欠であり、また表現力を高めていくことは表現者として必須である。つまり、メジャーデビュー後は純粋に“テクノポップ”という枠の中で活路を見いだしてきたが、現在ではテクノポップという枠から脱しPerfumeの音楽がひとつのジャンルにまで昇華し独自の表現方法にまで発展したと言える。

その証拠に“テクノポップユニット”という言葉自体がPerfumeには当てはまらなくなり、今ではすっかり聞かなくなった。というより“テクノポップユニット”という言葉そのものが既に消えつつあるようにも思える。
だが、Perfumeは一体何処へ向かって突き進んで行くのか?その答えは彼女たちが繰りだす歌とダンスにあるのだと思う。

 

★ ★ ★

Perfume 「Cling Cling」

 

Perfume 「リニアモーターガール」

 

 

2014.7.16 (Wed) Release!!Perfume 20th SINGLE“Cling Cling”
完全生産限定盤(CD+DVD) UPCP-9007¥2,430(tax in)「おっきいハコの中仕様」
初回盤(CD+DVD) UPCP-9008¥1,950(tax in)

 

 

広告

ザッとコメントするけぇ~

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中