BABYMETAL WORLD TOUR 2014 日本公演

狐につままれたような2二日間!

 

news_xlarge_babymetal0914_01

 

世界各地でメタルファンを騒がしている「BABYMETAL」。今月の13、14日に珍しく快晴となった幕張メッセ(イベントホール)で『BABYMETAL WORLD TOUR 2014 日本公演』が行われた。両日とも会場には黒を基調としたファンションで着飾った多くのファンが訪れていた。

追加公演を別にして、WORLD TOUR最終の地として幕張が選ばれたのは、なにか縁があるのかも知れない。僕は地元と言うこともあって知り合いの誘いに乗り、初めてBABYMETALのワンマンライブを観てきた。

BABYMETALを最初に観たのは昨年のロック・イン・ジャパンのステージだ。ほんの僅かな時間だったが、とにかくオーディエンスの乗りが半端ない印象だったのを覚えている。

そして、今回のステージは世界をぐるんと一周してきて、さらに大きくなった彼女たちを観ることができた。バックに“神”と呼ばれる強烈なバンド演奏と、MIKIKOMETAL直伝のキレッキレのダンスが高次元で融合し、さらに楽曲ごとに異なるテイストもBABYMETALの魅力のひとつで、乗り方も変則的で面白かった。

正直なところ、彼女たちは清純な子供という印象だが、黒と赤をベースにした衣装は実年齢より多少高く見せる効果があるのだろう随分大人びて見えた。

そんな彼女たちは公演中一切MCも入れず、ただひたすら歌い踊る姿は最近のアイドルシーンにはまず見られない。だがそれは逆にリスナーにとって楽曲に集中できる側面もある。

実際「A、B、C」3つのブロックに仕切られたアリーナはモッシュ、サークル、クラウドサーフ、ウォールオブデスまで、ありとあらゆるハードな現象が楽曲に合わせて発生し、それがまた観客の興奮を誘いさらに盛り上がるといった具合だ。

今回のBABYMETALのWORLD TOURは、日本のサブカルチャーが世界で認められた事を物語っており、今後益々その影響力は増していくだろう。また、本気のメタルと本気のアイドルを世界へ発信する彼女たちを超える者は彼女たち自身ではないだろうか。

最後に、2日間とも開演前のBGMで一部のお客が盛り上がっていたので調べたら「なるほど!」と思った。

  

 ☆ ☆ ☆

  

Metallica – Master of Puppets (Live) [Quebec Magnetic]

 

BABYMETAL BACK TO THE USA / UK TOUR 2014
11月4日(火 / 現地時間)ニューヨーク・Hammerstein Ballroom
11月8日(土 / 現地時間)ロンドン・O2 Academy Brixton

LEGEND “2015” ~新春キツネ祭り~
2015年01月10日(土)さいたまスーパーアリーナ

広告

ザッとコメントするけぇ~

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中