YUKI LIVE DIAC’15 at 日本武道館

“全力で走り抜けた3つのツアー”

 

original

 

2014年10月12日の戸田市文化会館からスタートさせた、3つの全国ツアーがついに日本武道館で幕を閉じた。トータル実に57本!インターバルを挟んで、約1年以上にも及ぶ長丁場を見事に走り抜けたYUKI。「やっぱりライブって好きだし、どこまでやれるか分からないけど、これからもよろしくお願いします!」と、深々と頭を下げたYUKIにとって、この3つの全国ツアーはそれだけ特別なものがあるのだろう。

まず、最初に行われた「YUKI concert tour“Flyin’ High”’14~’15」は、オリジナルアルバム「megaphonic」以来3年ぶりのアルバムを引っ提げ、13都市を巡る全26公演のツアーを開催。コンセプトは「高く遠くへ」。YUKIミュージアムと称したポップアートな舞台装飾で“ハエ”というガジェットを軸にアルバムの世界観を見事に表現した。

次に行われたのは「YUKI concert tour“Dope Out”’15」だ。「YUKI concert tour“Flyin’ High”’14~’15」開始間もなく、アナウンスされたこのツアーは、“Flyin’ High”とは異なった趣でトリックアートな舞台デザイン、いわゆる「八百屋舞台」に初挑戦したツアーだった。

「YUKI LIVE dance in a circle ’15」ではガラっと趣を変えて、会場もアリーナ級の大きなホールで行うという、これまでとはスケールの異なったライブとなった。バンドメンバーもYUKIファンならお馴染みの豪華布陣で挑んでいる。まさに集大成なアリーナツアーになった。そんな激アツとなった「YUKI LIVE DIAC’15 at 日本武道館」ファイナルステージをレポート!

ステージはツアートラック18台分を要する巨大な円形の舞台セット。ピアノの旋律とともにその巨大な円形ステージが回転すると上段にYUKIが大歓声とともに登場。黒一色のドレスに身を包みスポットライトが彼女に向けられると、オープニング曲「プリズム」を熱唱。いい意味で期待を裏切られた選曲に驚いたファンも多いはず。

初っ端から「プリズム」で酔うと、さらに「ロックンロールスター」へと畳み掛け、「ふがいないや」で全開モードへ突入。一気に会場の熱気が上昇するのが分かるぐらいだ。

「べっちょべちょのぐっちょぐちょにしちゃうから、でも今日は自分がどうにかなっちゃいそう!」というトークがさく裂した最初のMCでは、“タモリ手拍子”で息の合った会場に「え!?練習してきたの?」と、おどけてオーディエンスを笑わせたり、1年間で50本以上をこなしてきた心境を語るなど、彼女の言葉からは様々な思いが交錯しながらも手応えと、充実感を味わってきた1年間だったように思えた。

MC明けの曲ふりとして「2階!1階!そしてアリーナ!」のコール&レスポンス。そして「YUKIと一緒に踊ってね!」と言うと4つ打ちのビートに乗って「JOY」を披露。

ステージの照明が黄昏色に変わり「誘惑してくれ」。YUKIの「手を繋ごう!」の言葉で会場がひとつの輪になった。続けて、YUKI自らサンプラーでエディットしながら、今年の夏にリリースしたばかりの曲「好きってなんだろう…涙」で会場を魅了すると、再びアルバム「JOY」から「キスをしようよ」と「ハローグッバイ」を披露し、オーディエンスをYUKIの世界へと導いていく。

錚々たるメンバーがYUKIのために集結し、生演奏でレコーディングが話題となった、映画「グラスホッパー」の主題歌「tonight」で完全に異次元の世界へ。さらに1stアルバム「PRISMIC」からメロディアスな「愛に生きて」で追い打ちをかける。

ライブはここでようやく中盤にさしかかり、円形のステージが180度回転し、巨大なスクリーンへと展開し、そこへYUKIのダンス映像が映し出される。そして、再びステージが回転し、上段にはストリングス(弦楽器演者)と5人のホーン隊が加わり一段と壮大なエンターテインメントショーへと豹変する。

後半は一転して純白のドレスに身を包み登場。冒頭は恐竜の化石衣装を身にまといながら「COSMIC BOX」を披露すると、アッパーチューンの「ドラマチック」へ。

「Home Sweet Home」ではキーボードの浦清英氏がストリングスの指揮者になりYUKIをサポート。続いて「ハミングバード」を披露。YUKIの舞と男性コーラスの大嶋氏のカスタネットが相まって、オリジナルとはひと味違った「ハミングバード」に会場は惹きこまれた。

幻想的な無数のレーザー光線がYUKIを囲むようにステージを照らし「ひみつ」を熱唱。「恋愛模様」では再びステージが180度回転し、ジャズのリズムに乗りながらコミカルなYUKIショーがスクリーンに映し出される。その間、カラフルな衣装にチェンジして三度登場。

「Hello!」では、バンドにサークルをイメージした「ドーナツ」、「UFO」、「レインボー」と名前を付け、各パートが「Hello!」を披露するコーナーがあるのだが、なぜかレインボー隊だけはYUKIのダメ出しを食らい「もうーマジでクビー!」と言われてしまう始末。しかし、最後にバシッと決めてYUKIから「プロになれるよ!」とお墨付きを貰うと会場からは温かい拍手が送られる、そして最後は会場全体で「Hello!」を熱唱。

「星屑サンセット」ではジャンプの連続で盛り上がると、立て続けに新曲「Night & Day」を惜しげもなく披露。大阪城ホールで初披露された曲だが、武道館では既にお客さんも知っていたのだろう、曲の初めから乗ってるお客さんが多かったのが印象的だった。

続けざまに、「ランデヴー」、「鳴いてる怪獣」、「ワンダーライン」と怒涛のように連打し、一気にラストへなだれ込んでいくのだが、ボルテージが上がりきったところへ「歓びの種」で一息つけるのが救いだった。天井から銀泊がステージへ降り注ぐ演出で一服すると、「次の曲が最後の最後の曲です!」、「YUKIのワゴンに乗りたいかー!」と煽って大合唱。この日一番の盛り上がりを魅せ57本目の公演が終了した。

最後にYUKIは回転するステージの端に行き「みんな大好きだー!気をつけて帰ってね!」というYUKIらしい言葉を残しステージを後にした。

 

☆ ☆ ☆

 

 

YUKI LIVE dance in a circle ’15@日本武道館セットリスト
M01 プリズム
M02 ロックンロールスター
M03 ふがいないや
M04 JOY
M05 誘惑してくれ
M06 好きってなんだろう…涙
M07 キスをしようよ
M08 ハローグッバイ
M09 tonight
M10 愛に生きて
M11 COSMIC BOX
M12 ドラマチック
M13 Home Sweet Home
M14 ハミングバード
M15 ひみつ
M16 恋愛模様
M17 Hello!
M18 星屑サンセット
M19 Night&Day
M20 ランデヴー
M21 ワンダーライン
M22 鳴いてる怪獣
M23 歓びの種
M24 WAGON

YUKI concert tour“Flyin’ High”’14~’15 & YUKI concert tour“Dope Out”’15 ライブBlu-ray、DVD
■High Times (BOXセット)
【Blu-ray】 2枚組 ESXL 77~78 \12,900+税
【DVD】 2枚組 ESBL 2428~2429 \10,900+税
■YUKI concert tour“Flyin’ High”’14~’15
【Blu-ray】 ESXL 79 \6,450+税
【DVD】 ESBL 2430 \5,450+税
■YUKI concert tour“Dope Out”’15
【Blu-ray】 ESXL 80 \6,450+税
【DVD】 ESBL 2431 \5,450+税

 

9nine Dream Live in 武道館

Perfume関係者も訪れた日本武道館公演

 

002_w660

 

8月21日「9nine Dream Live in 武道館」を観てきた。Perfumeのあ~ちゃんこと西脇綾香の妹で、西脇彩華が所属するパフォーマンスガールズユニット「9nine」初の日本武道館コンサートだ。結成9年目の記念イベントには、平日にもかかわらず多くのファンが日本武道館に詰めかけていた。そして、グッズ販売(物販)に長蛇の列が出来るほどの盛況ぶりには正直驚いた。

実は9nineのライブをこの目で見るのは今回が初。そもそも、ちゃあぽん(9nine)の存在を知ったのはPerfumeのFCトゥワーのことだ。それと彼女たちのようないわゆる“アイドルグループ”のライブに行ったことも初めて、一体どんな雰囲気の中行われるのか不安でもあった。

だが“パフォーマンスガールズユニット”と言うだけあって、初っ端からロールテープが舞ったり、炎が吹き出したり、様々なバリエーションの特効演出がいたるところに散りばめられており、見る者を飽きさせない工夫が凝らされていた。

そして、盛り上がりがMAXに達したのはメンバーがそれぞれ特性の台車に分乗し、メインステージと後方ステージの間を行ったり来たりするシーンだ。これはPerfumeのライブでも取り入れて欲しくなる程の演出だった。お初の僕にメンバーの一人がアイコンタクトを送ってくれるほどの至近距離まで迫ってくる迫力は圧巻だった。

後方ステージに移動した時に分かったのだが、関係者席にはPerfumeでお馴染みのMIKIKO先生や山本史朗氏(通称:もっさん)がプロ目線で彼女たちを見守る姿があった。そして開演前から噂にあった西脇家の姿もスタンド席にあった。(真偽は不明だが、のっちとかしゆかも来ていたという噂もある。)

曲の内容は9nine素人なので割愛するが、キレのあるダンスと曲が相まって3時間弱の公演があっという間に終わってしまった感じがする。

個人的には9nineの中に一人だけPerfumeが居るような錯覚を覚えた。僕にはそれだけ、ちゃあぽんの存在が際立って見えたし、MCでトチって茶目っ気たっぷりに照れるシーンや、キレのあるダンスも姉譲りのようにも見えた。

また、彩華が残したコメント「私は今までに色んな9nineを見てきました」は順風満帆とは決して言えない彼女たちの生い立ちを物語っているようにも思え、ユニットを続けていく難しさを味わってきた9年間でもあったと考えられる。だが、日本武道館でのライブは9年間の集大成として確実にステップアップしていくと思うし、さらなるステージへ駆け上がって欲しいと思った。

途中、佐武宇綺のマイクが汗で水没するなど機材ハプニングがあったが、メンバーは動揺する事無く空いた時間を利用し、トークショーを開くなどそつなく会場を盛り上げていたのがとても印象的だった。

結成9周年を迎えた「9nine Dream Live in 武道館」はダブルアンコールというサプライズで幕を閉じ、笑いあり涙ありのライブは余韻を残しながらも次へのライブの始まりでもある。現に東名阪ツアーと年末のカウントダウンライブがこの後控えている。これは要チェックだろう。

 

☆ ☆ ☆

 

9nine Dream Live In 武道館 SET LIST

01.With You With Me
02.out of the blue
03.Evolution No.9
04.THE MAGI9AL FES.
05.#girls
06.Forget-U-not
07.LOVE VAMPAIRE
08.(Luv=)0 or H8?
09.ATASHI≒WATASHI
10.白い華
11.Sky
12.ヒカリノカゲ
13.Cross Over
14.流星のくちづけ
15.ALGORITHM+LOVE
16.モノクロ
17.NeXT to FUTURE
18.9uestions
19.Re:
20.少女トラベラー
21.困惑コンフューズ

EN01.9nine o’clock
EN02.Party9
EN03.colorful
EN04.つづくつづく…

W EN01.SHINING☆STAR

 

東名阪ツアー「9nine MAGI9AL TOUR 2014」

12月5日(金) 東京:渋谷公会堂
12月17日(水) 名古屋:ZEPP NAGOYA
12月27日(土) 大阪:サンケイホールブリーゼ

 

カウントダウンライブ「9nine MAGI9AL TOUR 2014 COUNTDOWN」
12月31日(水)神奈川:神奈川県民ホール

 

9月9日9nineの日 9th Birthday Party!!!
2014年9月9日(火)
開場18:00開演19:00
場所Zepp Diver City